京都市中京区のペインクリニック外科、麻酔科ならふかざわ痛みのクリニックへ。JR・地下鉄「二条」駅より徒歩約4分。頭痛、肩こり、五十肩、ヒザや腰の痛み、坐骨神経痛・帯状疱疹などの神経痛、がん性疼痛などの「痛み」をやわらげる専門クリニックです。お気軽にご相談ください。
JR・地下鉄「二条」駅より徒歩約4分

JR・地下鉄「二条」駅より徒歩約4

腰椎疾患(変形性腰椎症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎脊柱管狭窄症・腰椎すべり症など)

  • ホーム »
  • 診療のご案内 »
  • 腰椎疾患(変形性腰椎症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎脊柱管狭窄症・腰椎すべり症など)

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの痛みのイメージ腰椎椎間板ヘルニアは、加齢による変化やスポーツ、外傷などによって椎間板の外側(線維輪)に亀裂ができ、そこから内部にある髄核が脱出することをいいます。

脱出した髄核が、神経を圧迫することで腰痛、下肢のしびれ・痛み、下肢の筋力低下、膀胱直腸障害を生じます。ヘルニア自体による神経圧迫だけではなく、炎症性物質が神経の周りに放出されることによって痛みが生じると考えられています。

診断は、症状と神経学的所見、MRI検査などの画像診断で行います。

治療

症状が軽い場合には痛み止めの内服による治療を行います。痛みが強い場合には、圧迫されている神経の周りに薬を広げる神経根ブロックや、腰部硬膜外ブロック、椎間板ブロック、腰神経叢ブロックなどを行います。効果が出にくい場合には、特殊な機械を用いた、パルス高周波法による神経ブロックも行なっています。

当院では、これらの神経ブロックを行う際に、X線透視装置を用いたり、超音波ガイド下に目的とする神経をエコーで確認しながら行なっていますので、安全かつ確実に神経ブロックを行うことができます。
これらの治療でも、痛みが取れない難治性の症例では、手術が必要な場合もあります。その際には、信頼できる整形外科医にご紹介致します

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症脊柱管とは腰椎、椎間板、関節、靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると腰椎が変形したり、椎間板が膨らんだり、靱帯が厚くなることで、神経の通る脊柱管が狭くなり、それによって神経が圧迫され、神経の血の巡りが悪くなって脊柱管狭窄症が発症します。

腰痛、下肢痛、下肢のしびれや感覚異常がおこります。もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行です。背筋を伸ばして立ったり歩いていると、下肢の痛みとしびれが出て歩きづらくなり、少し前屈みになったり、座ったりすると、症状が軽減します。

診断は、症状と神経学的所見、単純X線撮影やMRI検査などの画像診断で行います。

治療

当院では、超音波ガイド下に肩関節内と肩の神経の周りに痛み止めをした上で、これらの癒着を剥がす手技症状が軽い場合には痛み止めの内服による治療を行います。
痛みが強い場合には、腰部硬膜外ブロックや、神経根ブロック、腰神経叢ブロックなどを行います。効果が出にくい場合には、特殊な機械を用いた、パルス高周波法による神経ブロックも行なっています。

当院では、これらの神経ブロックを行う際に、X線透視装置を用いたり、超音波ガイド下に目的とする神経をエコーで確認しながら行なっていますので、安全かつ確実に神経ブロックを行うことができます。
これらの治療でも、痛みが取れない難治性の症例では、手術が必要な場合もあります。その際には、信頼できる整形外科医にご紹介致します。

変形性腰椎症・腰椎変性すべり症

変形性腰椎症・腰椎変性すべり症イメージ加齢により、腰椎や椎間板、上下の腰椎の関節突起からなる椎間関節が変形したり、傷んだりすることで、腰痛や下肢の痛みをおこすことを、変形性腰椎症といい、その結果、腰椎がずれてしまうことを、腰椎変性すべり症といいます。

症状としては、腰痛、下肢の痛みやしびれ、筋力低下が起こります。脊柱管狭窄症からの神経痛の症状や、椎間関節が原因の痛み(椎間関節症)、椎間板自体が原因の痛み(椎間板性腰痛)などが含まれますので、それぞれの病態に応じた治療を選択します。

治療

症状が軽い場合には痛み止めの内服による治療を行います。
痛みが強い場合には、その原因に応じて、腰部硬膜外ブロックや、神経根ブロック、腰神経叢ブロック、椎間関節ブロック、椎間板ブロック、椎体洞神経ブロックなどを行います。効果が出にくい場合には、特殊な機械を用いた、パルス高周波法や、後枝内側枝高周波熱凝固法などの神経ブロックも行なっています。

当院では、これらの神経ブロックを行う際に、X線透視装置を用いたり、超音波ガイド下に目的とする神経をエコーで確認しながら行なっていますので、安全かつ確実に神経ブロックを行うことができます。
これらの治療でも、痛みが取れない難治性の症例では、手術が必要な場合もあります。その際には、信頼できる整形外科医にご紹介致します。

診療時間
 9:00~12:00
14:30~18:00

※14:30~15:30 特殊神経ブロック 完全予約制

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

〒604-8375
京都市中京区西ノ京池ノ内町20番110
京都メディカルビル2F

お気軽にお問い合わせください

075-748-0377
JR・地下鉄「二条」駅より 徒歩約4分
PAGETOP
Copyright © 2020 ふかざわ痛みのクリニック All Rights Reserved.