Therapy神経ブロック療法について

  • HOME>
  • 神経ブロック療法について

神経ブロック療法とは?

神経ブロック療法とは?

神経ブロック療法とは、慢性的な痛み・痺れなどが生じている神経の近くに麻酔薬を注射し、その症状を和らげる治療です。
神経ブロック注射、あるいはブロック注射と呼ばれることもあります。
日帰りで受けられる治療で、健康保険が適用されます。

神経ブロックの種類

神経ブロックには様々な種類があり、主なものは次の通りです。

  • 硬膜外ブロック注射
  • 神経根ブロック注射
  • 星状神経節ブロック注射
  • 腕神経叢ブロック注射
  • 三叉神経ブロック注射
  • トリガーポイント注射
  • 肩関節注射
  • 股関節注射
  • 膝関節注射
  • 仙腸関節注射
    など

など

神経ブロック療法はどんな痛み・疾患に効果的?

神経ブロック療法はどんな痛み・疾患に効果的?

肩こり、腰痛、膝の痛み、首の痛み、手足の痛みなど、全身様々な部位の痛みに有効です。
帯状疱疹、突発性難聴、顔面神経麻痺といった、様々な疾患にともなう痛み・痺れなどの症状に対して使用することもあります。

神経ブロック療法はどんな方におすすめ?

神経ブロック療法はどんな方におすすめ?

神経ブロック療法は特に、次のような方におすすめです。

  • 内服治療をしているけれど効かない、効果が十分でない方
  • 電気治療、マッサージを試したけれど痛みが残る方
  • 痛みがあるが、仕事上の都合などで今すぐ手術ができない方
  • 手術を受けたけれど、痛みが残っている方
  • 即効性のある治療で痛みを軽減したい方
  • 痛みと付き合っていくしかないのかな、とお悩みの方

など

神経ブロック療法はどのように作用する?

神経ブロック療法はどのように作用する?

麻酔薬が、大きく2つの作用をもたらします。
1つは目の前の痛みを軽減する作用。
もう1つは過敏になった神経を落ち着かせる作用です。
この2つの作用により、痛みの一時的な軽減だけでなく、痛みの持続的な軽減が期待できます。

そもそも痛みは、

「痛みが発生する」→「刺激された神経が過敏になる」→「血管・筋肉が緊張する」→「血行が悪化する」→「痛みが増幅する」

という循環を繰り返しています。

神経ブロック治療の作用によって、この悪循環を断ち切ることが可能です。

注射を打つ時、痛みはある?

注射を打つ時、痛みはある?

針を刺すことになりますので、どうしても痛みはあります。
ただ、当院はペインクリニックとして、この痛みもできる限り軽減できるよう努めています。
一般的な注射ではほとんど使用されることのない極細針を採用して、神経を刺激しないように注入します。
また、特に痛みが強く現れそうな時には、事前に十分ご説明してご理解・ご納得いただき、不安を解消して痛みの軽減に繋げます。

神経ブロック療法のリスクは?

神経ブロック療法のリスクは?

非常に稀ではありますが、感染、出血、神経障害、局所麻酔中毒などを起こしたケースが報告されています。
薬を使用する医療行為である以上、合併症・副作用のリスクはゼロではありません。
当院では、院長の麻酔科での豊富な経験を活かして、可能な限りリスクをゼロに近づけて治療を行わせていただきます。